あがり症を克服する

あがり症の特徴

人前に立つことで顕著になる症状
あがり症の人というのは、人と接することで酷く圧力を感じてしまって落ち着きのない行動を取ってしまったり、あるいは動悸という症状が現れたりします。

中には身体のどこかに震えがきてしまったり、冷や汗をかくというような身体的な症状に見舞われてしまうこともあるでしょう。


あがり症に悩む多くの人は、人の前に立って何かをする時に、その独特の症状が顕著に現れます。

何故ならば、本人が意識するしないに関わらず、人の前で失敗することを極端に恐れているからなのであります。


理解のなかった時代
その昔、まだ、うつ病を始めとするメンタル疾患が一般的にも認識されていない時代というのは、あがり症も「ただの自意識過剰」であるとか、「メンタルが弱いだけ」などと嘲笑されてしまうような風潮がありました。

しかし、うつ病が現代病として認識されて社会問題となるとともに、あがり症もまた社会不安障害という名の病気という認識が広がってまいりました。


前述した通り、あがり症の症状は人の前に立ってスピーチをしたりプレゼンテーションをするような場合にハッキリとした形で出てまいります。

そんなことから、あがり症から脱却するために古くから実践されてきて克服方法というのは「人の前で話す訓練」なのであります。


人は、初めて人のたくさんの人の前に立って話をする場合は多かれ少なかれの違いはあるにしても緊張するものです。

ただ、あがり症の人はその症状が極端に出てしまうのであります。

※こちらに続きます。
>>>あがり症を離し方教室で克服する



TOP PAGE