あがり症を克服する

あがり症を克服する

※「あがり症を克服するためのきっかけ作り」からの続きです。

完治できない薬物療法
あがり症の症状は、一時的にではありますが、薬を服用することでで対症療法的に抑えることができます。しかしそれでは根本的な解決になりません。

薬物療法では、あがり症は完治しないんですね。そこで重要になってくるのが心理療法なのです。


薬物療法と心理療法を並行して行うことで、あがり症を克服する道筋が見えてくるわけであります。

人前に出ることで反応してしまう、あがり症の症状というのは精神に深く根付いてしまっております。薬で一時的に抑えることはできても原因を元から取り除くことはできません。


薬物療法と心理療法を並行して行う
あがり症を克服するためには、まず薬を使ってでも症状を抑えこんでしまいます。その次に、ご自身の考え方や行動明らかにする必要があります。

このような形で薬物療法と心理療法を並行して実施していくことになります。

心理療法を実施するにあたっては、あがり症患者に対して精神面に対するアドバイス、そして各種のバックアップを行うことになります。


あがり症を克服するためのポイントは、あがってしまうシーンから逃げないで立ち向かうことが非常に大切な意味を持つことになります。

そのためにも薬物療法も合わせて行うわけですから「本当に大丈夫だろうか?」などという心配はいりません。

薬の力を借りながら、例え少しずつでも物の見方や考え方、物事の捉え方に修正を加えて、コミュニケーション能力を伸ばすことで、あがる条件下で緊張することなく対応できるように訓練しましょう



TOP PAGE