あがり症を克服する

あがり症を克服するためのきっかけ作り

向精神薬で克服のきっかけを作る
メンタルからくる病の特徴の一つに、どのようにして克服したら良いのかということでも悩んでしまうケースが多いのです。

あがり症もまた同様でありまして、克服する方法でお悩みの方が多いんですね。ということで今回は、あがり症を克服する方法について取り上げてみたいと思います。


あがり症を克服するために、まず試してみたいのは薬物療法ではないかと思います。あがり症の治療に際して使われる薬には、中枢神経系に働きかけて精神面に影響を与える向精神薬のようなタイプのものがあります。

この向精神薬を服用することで、あがり症を克服する“きっかけ”を作ることができるのです。あがり症の治療におきましては、最初の第一歩を踏み出すことが難しかったりしますので、向精神薬ではじめの一歩を踏み出してしまおうというわけです


β遮断薬で、発汗や動悸を抑える
向精神薬には、精神安定剤、抗うつ剤、睡眠剤などがありまして、心療内科や精神科などで処方してくれます。

あがり症の症状には、発汗や動悸などがありますが、このような症状を抑えるために、神経伝達物質に働きかけてくれるβ遮断薬と呼ばれるタイプのくすりがあります。


このβ遮断薬を服用することで、発汗や動機を抑えてあがり症を克服するための行動を起こすきっかけとするができるようになるでしょう。

ところで、あがり症を克服するためのきっかけを作るため薬物療法を行ったとしても、それは表面的な対症療法的な治療でしかありません。

薬物療法では、あがり症を完治させることはできないんですね。


※こちらに続きます。
>>>あがり症を克服する



TOP PAGE