あがり症を克服する

あがり症に効果のある腹式呼吸のやり方

※「あがり症の咄嗟の対処法」からの続きです。

腹式の深呼吸
腹式呼吸とは深呼吸のことです。

ラジオ体操で「大きく息を吸って・・・」というシーンのイメージが強くて、中には深呼吸とはラジオ体操で行う呼吸法だと勘違いする方がいらっしゃいますが、あの方法は肋骨を大きく広げて息を吸う胸式呼吸のことなんですね。

深呼吸には腹式呼吸と胸式呼吸の二種類あると考えてもいいかもしれませんね。ただし、ここで言う深呼吸は腹式呼吸のことです。

深呼吸を行うことで心身をリラックスさせる効果を期待できます。心身共にリラックスできるということは、当然あがり症にも効果があるわけであります。

ということで腹式呼吸のやり方についてご説明してみたいと思います。

【腹式呼吸のやり方】
姿勢としては立って行っても座って行ってもOKです。

(1)まずは顎を引き背筋を伸ばして肩の力を抜きましょう。
(2)次に腹部に手を当てて息を吸い込んで下さい。
(3)おへその下には丹田と呼ばれるところがありますが、(2)で吸い込んだ息をこの丹田に送り込むような感じで腹部を膨らませて下さい。
(4)吸い込んだ息をゆっくりと口から吐き出して下さい。
(5)(4)の息を吐く時は腹部を凹ませながら、最後は息を吐き切ることがポイントです。また、息を吐く時は、吸う時の二倍程度時間をかけるようなイメージで吐くと良いでしょう。

腹式呼吸にはコツがあります。それは息を吐くときに肛門を引き締めるような感じで行うと上手くできます。コツを掴めば、ゆっくりと時間をかけて息を吐き出せるようになります。


※こちらに続きます。
>>>腹式呼吸の効果を高めるイメージトレーニング



TOP PAGE