あがり症に効く運動

あがり症を改善するウォーキング

※「あがり症改善に効果のある運動とは?」からの続きです。

セロトニンの分泌を促進する有酸素運動
あがり症の症状を改善するために有酸素運動をするということはとても効果のあることです。有酸素運動のなかでもウォーキングはお勧めですね。

自分のペースでできますし、衰えがちな下半身の筋肉を強化することもできます。それになんと言っても有酸素運動はセロトニンの分泌を促進します。


このセロトニンにはドーパミンやノルアドレナリンの作用を抑えてくれるため、精神的に安定させる働きがあることから、別名「幸せホルモン」という名称まで賜っているのです

ということであれば幸せホルモン=セロトニンは是非とも分泌量を増やしたいとこころですよね。


免疫力を向上させるエンドルフィン
ウォーキングのような有酸素運動は、開始後20分程度経過するとエンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌されてまいります。

脳の中で働きかける神経伝達物質の一種であるエンドルフィンは、脳内麻薬とも呼ばれていて免疫力の向上に寄与しています。

さらにエンドルフィンは、あがり症に効果のあるホルモンとも言われているんですね。


仮に20分以上ウォーキングを続けますと、代謝を促して血液循環も良くしてくれますし、運動することからくる精神的な爽快感も味わうことができるでしょう。

このように記述してみますと、ウォーキングの効果って侮れませんよね。ダイエット効果もある有酸素運動のウォーキングは毎日実行することで心身ともに健康にしてくれるでしょう。

これを機会に、ウォーキングを毎日実行してみてはいかがでしょう。



TOP PAGE