あがり症のツボ

あがり症に効果のある労宮というツボ

労宮というツボ
あがり症の症状を改善させる方法の一つにツボ押しがあります。

ツボを刺激することで身体的のどこかしらの変調をきたしているを症状の改善方法として色々な方面で活用されているわけですが、実はあがり症にも効果を期待できるツボがあるんですね。


あがり症に効果のあると言われているツボの中でも代表格は、労宮(ろうきゅう)と呼ばれるツボなのです

皆さんも聞いたことがあると思いますが、手にひらに人という字を書いて飲むと緊張状態を和らげる効果があるというお話があります。

この行為は、おまじない的な意味合いもありますが、実は手のひらに人という字を書くということは労宮(ろうきゅう)というツボを刺激することにもなるんですね。

ということで労宮(ろうきゅう)というツボを刺激するという方法は、緊張する場面では昔から活用されている方法でもあるのです。


いつでも簡単に刺激できるツボ
労宮(ろうきゅう)というツボを刺激すると乱れた精神を安定させる働きがあると言われています。

このツボは先程も触れた通り、手のひらにありますのでいつでも簡単に、しかも人に気づかれないで刺激することができます

これってとても重要な事ですよね。人に気づかれることなく誰でも簡単に押すことができる。


例えば、緊張する場面で深呼吸をして落ち着かせようとした場合、人には緊張感が伝わりますよね。

あがり症の方は是非、労宮(ろうきゅう)というツボを覚えておいていただきたいと思います。尚このツボは軽く押すだけで大丈夫です。

人という字を書くだけでも効果があるわけですからね。


※こちらに続きます。
>>>あがり症に効果のある内関というツボ



TOP PAGE