あがり症の薬

あがり症に効果のある薬〜抗不安剤〜

※「あがり症に効果のある薬〜βブロッカー〜」からの続きです。

交感神経を抑えるβブロッカー
あがり症のことで病院に行って治療を受ける場合、βブロッカー(β遮断薬)が処方されます。

βブロッカー(β遮断薬)には心拍数の上昇を抑える働きがありますので、あがり症の症状を緩和させるためには有効です

βブロッカー(β遮断薬)には、交感神経を抑える働きがあるんですね。


あがり症で病院から処方される薬はβブロッカー(β遮断薬)だけではありません。抗不安剤と呼ばれる薬を処方されることもあります。


抗不安剤不要に際しての注意点
抗不安剤を服用するにあたっての注意点としましは、規則正しく定期的に服用するというのではなく、症状が表面化した時だけ服用するように指導する医師が多いです

抗不安剤を服用するの当たっては、少しばかり注意する必要のある問題点ががあります。それは依存性がと良いという点です。

薬の依存性を考えた場合、抗不安剤を毎日服用するように指導する専門医はあまりいません。

抗不安剤を毎日服用するのではなく、数日間という空きをセッティングしながらの服用が大前提になります。

あがり症に関わる薬にはとても強い搬送を示す薬もありますので、服用に当たっては医師の指導をしっかりと順守して治療に臨むようにしましょう。

あがり症の治療に使われる薬には、副作用を伴う薬もありますのでご注意くださいね。そしてくれぐれも個人の判断で薬を飲まないようにしましょう。



TOP PAGE