あがり症の克服

あがり症を克服するために

人の目を意識しすぎるあがり症
あがり症の人というのは、とにかく人の目を気にしすぎるほど気になってしまいます

実際に視線を送った当の本人はと言えば、それこそ全く意識していないことがほとんどなんですけどね。


あがり症の人は何かをやろうとした時、他人の視線を意識することで「失敗したら恥ずかしいし、どうしたらいいの?」「嫌われてしまう」「笑われてしまう」などという不安な気持ちに襲われてしまいます。


精神的にはこのような不安な気持ちに襲われることで動揺し、たくさんの冷や汗をかいてしまう、顔が赤くなる、言葉が詰まってしまい普通に離せなくなる、そして酷い場合は動悸に襲われたり震えという症状などが肉体的にもみられるようになったりすることもあります。

またあがり症には負の連鎖という特徴もあります。前述のようなことを経験することで、次はもっと恐怖心だとか不安な気持ちが強くなってさらに状態が悪くなってしまうんですね。


恐怖心と不安を取り除くこと
あがり症は一種の社会不安障害と呼ばれる精神疾患とも考えれていますので、精神科や心療内科に行って診察してもらえば薬を処方してくれますし、なにより専門家に相談することで気持ち的にも楽になると思います。

あがり症は精神疾患ということですから、この病気を克服して乗り越えるためには、本来必要とする以外の恐怖心であるとか不安な気持ちを取り除くことが最も大切なことです

そのために薬を使ったり、あるいは心理療法士によるカウンセリングでの治療が施されたりするわけです。もちろん両方の治療が並行して行われることの方が多いということ。


※こちらに続きます。
>>>あがり症を改善する複式呼吸



TOP PAGE