あがり症を克服する

あがり症になりやすい人

※「あがり症の症状とは?」からの続きです。

緊張と不安から追い詰められる
初めて体験することや不慣れなことを行おうとする時、特別な人を除いて誰もが緊張すると思います。

間違いのないようにできるかどうか、最後までやり通せるのかなどと不安な気持ちは誰にもあることです。

そんな場面であがり症の人というのは、極端な緊張と不安から精神的に追い詰められてあがり症の症状が現れてしまうわけですね。


あがり症になりやすい人
初めて経験することは別としても、常日頃から苦手意識を持っていることや極力避けてきたことなどに向き合話ざるを得ないような場面において、あがり症の症状が強く現れてしまう可能性が高いです

ところであがり症になる人とならない人がいるわけですが、それはその人の資質に影響される場合があります。例えばプライドの高い人であるとか、あるいは責任感が強い方などはあがり症の症状が現れやすいと言ってよいでしょう。


やたらプライドの高い人というのは自分を良く見せようとする意識が高く、恥をかきたくないという思いが強すぎてしまうんですね。

そしてその思いが恐怖心まで昇り詰めた時、あがり症の症状が現れてしまうわけであります。そうなんですね、あがり症は対人恐怖症の一種なのです。

誰だって恥などかきたくありませんが、その気持が強すぎてしまうわけですね。


また、責任感の強すぎる人もあがり症になりやすいタイプと言えます。責任感が強すぎる人というのは、やはり失敗することに強い拒否反応を示します。

そのために精神的に追い詰められてあがり症の症状が現れてしまうわけですね。



TOP PAGE